リフォーム会社の今後のあり方

おはようございます。

河北です。

今日で10月も終わりですね。

明日の報告が非常に楽しみです。

どこまで伸びたのかなぁっと
一人で楽しみにしております。

さて本日はリフォーム会社の今後の
あり方ということについて書いて
みようと思います。

私が思うにですが、この業界って市場
規模が大きいんですよね。

ですから下請けやっていても食っていける
といえば食っていけるんです。

目的の違いになりますが利益だけが目的で
あれば下請けでもいいのではないのかな?

っと私は思っております。

だって仕事を受注する面倒なことしなくていいし
元請けから言われたことにハイハイ言って
仕事して、あとは入金を待つだけですからね。

気楽だなと思います。

ただ元請けの都合で予算削られたり、仕事切られたり
するので、たまらんですけどね。

ですから下請けは私は進めません。

その変わり面倒というか下請けやっていた時は
考えなくてもよかったようなことを考えないと
いけないということがあります。

そして、これからのリフォーム会社は契約だけ
して下請けに仕事を依頼していくという流れは
私の予想ですと、なくなっていくのではないかなっと
思っております。

なぜなら、クレームです。

下請けの職人に仕事を依頼するとクレームが
沢山くるのです。

ですから、うちも自社職人に切り替えは行うとこは
行っております。

そしてコストですね。

下請けに払うより自社で行ったほうがコストも
安くなりますからね。

ですから私は今後は、そういった流れになるのでは
ないのかな?

っと感じております。

実際に自社職人で工事させて頂いた、お客様からは
やはりリピート注文も頂きますし、紹介なども
頂きます。もちろん、お叱りの声も頂きますが
すぐに手直しにいけますので逆にお客様に安心して
頂くことも多々あります。

これ、凄く重要なことだと思います。

そして、こうすることでマナーの悪い職人や
いい加減な仕事をする職人や法外な金額を請求する
業者が減っていき私は良くなるのではないのかなっとも
思っております。

ですから今後は、契約だけ取り外注へというスタイルの
会社が変わっていくのかなぁと思っております。

あくまで私の考えではありますが少しでも参考に
なれば嬉しく思います。

もっと深く突っ込んだ話など集客のリアルタイムの
話や、ブログでは、ちょっと公開できないような
内容はコチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は、

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・リフォーム業で上手く行っている方の思考とは

・私が行っている隙間リフォームビジネスとは

・競合他社の戦略を丸裸にする方法とは

・売上を伸ばす考え方とは

・私しか知らない、お客様の選び方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。

コチラからです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->