リフォームのチラシ反響率はどのくらい?

おはようございます。

河北です。

今日で10月も終了です。

今月は売り上げ報告が非常に楽しみで
あります。

今年はリフォームの実店舗の売上が
昨年と比べて下がっちゃいましたが
それでも全部の会社合わせると昨年より
上がってますので、ちょっとホッとしております。

売上を維持していくのって中々大変だなっと
思います。

人材も続く人と出会うのに一体いくら
使ったか分からんですからね。(笑)

まぁ仕方ないことですけどね。

私の愚痴は、この辺りにして本日は
リフォームチラシの反響率について
書いてみようと思います。

リフォームのチラシであれば良いと
言われている反響率で2500~3500分の1で
電話がなれば良いと言われております。

但し、もう少し細かい営繕仕事の網戸とか
襖とかのチラシであれば800~1500分の
1くらいで電話なりますけどね。

今回はリフォームチラシのことでお話しますが
但し、これってある程度の部数があっての
データだと私は思っております。

例えば10万部配布したら30件問い合わせが
あったとします。

だからといって、1万部に減らしても
3件なるということではないということです。

逆も同じで1万部で3件なったからと言って
10万部で30件ということではないです。

ただここが重要なんですが1万部で1件しか
ならなかったとしても10万部で30件という
ことはあるということなんですよね。

これの内容が解っていただけるとチラシの
テストをする際の部数の大事さが解って
頂けるということです。

是非一度チラシを配布した際に確認して
頂きたいのが、どこのエリアで何件問い合わせが
あったのか?

ということをデータを取ると非常に面白い
ことが解るのと1万部で1件でも10万部で
30件という意味が解っていただけると
私は思います。

あくまで私の考えですが多少でも参考になって
くれたら嬉しいです。

やはり私はチラシよりも最初はネット集客を
推進してます。

私が行っているネット集客法を今だけ無料で
公開してますので、よろしければご覧下さい。
コチラからです。



またブログではちょっと公開できないような
リフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などは
コチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

・年商1億円上げるために具体的な方法や考え方

・現在リフォーム業界で起きている出来事

・他の業界からマネしてリフォーム業界に
活かせる面白い広告や考え方

・安価でUBやキッチンを仕入れている方法

・ニュースを見てリフォーム業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・反響の取れるチラシの作り方とは

・うちの実店舗での成功例・失敗例の公開

・他社にマネできない集客方法の作り方とは

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読している
メルマガですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->