リフォーム 集客の分析の仕方

おはようございます。

河北です。

2月の第1週目も終わりますね。

3月着工に向けて今はガンガン契約して
いかないといけないです。

うちの社員さんも頑張って走り回って
おります。

さて、本日は集客の分析の仕方について
私が、どうやって分析しているかを
少し書いてみたいと思います。

例えばネット集客やチラシ集客と色々と
ありますが、ネット集客について書くと
ちょっとだけ専門用語が出てくるの

まずはチラシの集客についての私の
考えを書いてみますので、よろしければ
参考にしてみてください。

よく巷で言われるのが、チラシのテストは
少なく1万枚からテストを行う。

5000枚からテストを行うなどと、おっしゃっている
方がいらっしゃます。

実は私は、これは否定派であり、たった1万枚で
テストして何が解るんかな?っと考えるタイプです。

例えば1万枚テストして仮に電話が4件鳴ったとします。

すると2500分の1ですからリフォームのチラシで言えば
凄く良い方だと私は思っております。

では、1万分でテストしたから、10万部配布したら
40件の問い合わせがあるのか?

ということです。

私は、ない!っと考える人です。

なぜなら全てのものが等倍に増えていくということは
ないからです。

例えば1万枚チラシで4件鳴って2件契約、売り上げ700万
だとします。

であれば10万枚配布したら?7000万?
ありえない話です。

という現実を見ていただきたいなっと私は思います。

逆も同じです。

10万部配布したら40件電話がなった、であれば
1万部配布して4件なるはず!という考えは
私は違うと思います。

まずこの辺から理解していかないといけないと
思います。

まぁ理由は、また何かの時に書きますが、とりあえず
分析ということで、まず期間ですが、

私は最低でも1年間という期間を考えてテストを
行います。

1~3ヶ月程度テストを行った所でわからんというのが
今まで商売やってきた感覚です。

そして、反響数、競合が入れている枚数、曜日など
全てを細かくチェックしております。

もう何年も前から競合がチラシを配布したら
卓上カレンダーにつけているので
面白いように、いつ配布してくるのか?

またチラシの配布回数が多い月などが見えて
きます。

まぁそれは良いにして、あとは反響数と問い合わせの数、

そして契約数、あとは、どの商品が鳴っているのか?

ということは気にしてみております。

これを1年間チェックしていけば、かなり見えて
くるものがあります。

そして、後は業界の大体の反響数を知っておくことです。

例えば私が行っているリフォームチラシは3000分の1で
問い合わせ1本あれば良い方だと言われております。

これを知らずにチラシを配布すると1万部チラシ配布したのに
3件しか電話がならない、、、

っと落ち込んでしまいますからね。

そして中には1万枚チラシ配布して10件電話が鳴るのを
期待されたりする方も中にはいます。

でもそんなことは、ありえないと考えて頂き
正解です。

まずそんなことはありえないです。

まぁ業界によって反響数は様々ですが最低限知っておかないと
いけないことですからね。

その後は先程の契約数、反響数、浸透率、などの
%を知っていると、今、何を行うべきかというのが
見えてきますよ。

チラシではなく、ネットで反響を取りたいんだよ!っと
思いの方は、私が現在行っているネット集客法を現在無料で
公開しておりますので、よろしければ
御覧ください。

コチラからです。



リフォーム経営者1000人以上が購読している
リフォーム集客・経営メルマガはコチラ




サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->