リフォーム 市場調査

おはようございます。
河北です。

休みに入ってますが本日も日課となった
ブログを更新してみます。

今日はリフォームの市場調査について
少し書いてみます。

市場調査と言ってもリフォームの場合は
単純明確ですが、

何かのニュースでリンナイさんやノーリツさんの
決算がニュースになってましたね。

それ以外の住設メーカーの業績を見ていれば
簡単に市場を見分けることができます。

例えば今年2014年のメーカーの決算を
見れば一目瞭然です。

表面上は前年比UPをしておりますが
国内では前年比割れをしており、全てが
海外での売り上げだということです。

ということは、国内で商品の流通が起きてない
ということです。

これを見てどう判断するか?

ということです。

メーカーの売り上げが毎年右肩上がりであれば
確実にリフォームだけとは言いませんが

建設という部分で市場は拡大されていると
見れます。

しかし国内市場が伸びず海外が伸びているという
ことは、国内での市場というのは
確実に小さくなっているということですね。

そして小さくなるということは、競争が
激しくなるということです。

当然ですが業者の売り上げも業界紙などに
掲載されております。

まぁ全部が本当かどうかは怪しいですが
大手のリフォーム会社の業績を見る限りですが

確実に伸びていると掲載されております。

ということは、業界全体での市場は小さくなっている
けれども、大手の会社は伸びているという
情報が正しければです。

各地域で確実に競争が激しくなり
時代に乗り遅れた会社というのは
確実に潰れていくと私は予想します。

時代を見ていれば感じるのがリフォームとは
絶対に必要なリフォームと必要ではなく欲求型の
リフォームがあります。

税金が上がれば、どこを抑えるのか?

っとなれば欲求を我慢していきますので
さらに今後リフォーム市場は厳しくなる気がします。

税金が上がり、たばこを辞めた人が多いのが
答えです。

確実に減っていくと私は感じてます。

まぁあくまで私の予想ですけどね。

もし、競争が激しくなると感じているので
新しい試みをしないとなっと感じる。

そんな方には私が行っているネット集客を
無料で公開しております。
よければ御覧ください。



リフォーム経営者1000人以上が読んでいる
メルマガはコチラから




リアルタイムで業界で起きている情報を
公開しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->