リフォーム 差別化

おはようございます。

河北です。

もうすぐ1月も終わりです。

こうやってドンドン1年が経過して
いきます。

35歳過ぎてから本当に早く感じます。

今年は30代最後ですので、さらに早いのかな
自分が40歳になるとは信じれない感じです。

さて本日はリフォーム業での差別化について
書いてみます。

差別化って、いうと難しく考えちゃいますが
要は、どのようなお客さんが自分には
ふさわしいのかな?ということです。

これも自分の今の姿を知れば簡単なんですけどね。

例えばですが、私の知り合いに中古車を行っている
方がいらっしゃいます。

自分がマセラティが好きだからマセラティを
売りたいという中古車さんがあったのです。

マセラティって高級車なので、お金持ちの
お客様だし、良い商品を選ぶ自身があるから
自分は大丈夫だと豪語してスタートしました。

おまけに自分には資金がないので事務所は
倉庫みたいな所で立地も決して良いとは
言えないような場所での営業開始です。

もちろんですが、車が売れるようなことは
ありませんでした。

その理由ってなぜだと思いますか?

もし仮にです。私がマセラティを買おうとしたら
やはりそこでは買いません。

もちろん買えませんけどね(笑)

理由は、そんな高い車買うのであれば
やはりディーラーから買いますからね。

だって保証など安心ですし対応も良いので
やはりディーラーから買うのが普通かなと
考えます。

これを自分がリフォーム業を行っている
時に行っていないか?ということです。

狙っているお客様の層と自分の店やコンセプトに
ズレはないのか?

ということです。

これは、あくまで私の考えですが自分の店には
自分の店に合ったお客様が来ると思います。

そして、そういったお客様を狙っていくのが
私は差別化じゃないのかな?っと思います。

いくら自分が一級建築士や資格が沢山あったとしても
それをどう評価するというのはお客様なのです。

もし私が行っている差別化での集客法で
よければ無料で公開してますので
ご覧くださいませ。コチラです。




リアルタイムでリフォーム業界で起きていることを見て
感じた言を書いているリフォーム経営者1000人以上が
購読しているリフォーム集客・経営メルマガはコチラです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

--------------------------------------------------->