リフォームの集客を実践検証を繰り返した結果をブログで更新しております。

最新の集客は、どうやって発掘するのか?

おはようございます。

河北です。

時代が変わってきておりますが
私も、結構いい年齢になってきたので
時代に追いつけるのか?

ずっと考え続けることができるのか?
っと不安になることもありますが、

新しい集客やマーケティングは常時
勉強しないといけないなと感じた
出来事があったので今日は書いてみます。

実は12年前に、それまでやっていた
リフォーム不動産の株式を売って

一度プー太郎になり人生を見つめなおして
いたのです。

この時も実は時代の変わり目でした。

今までのアナログ集客からネット集客へ
移行するような時期であり、私の回りでは
ネットへ移行する、しない、で議論に
なったのを今も覚えております。

私はネットの可能性を捨てきることが
できずに、今までの仕事を辞める決断を
したのですよね。

まぁ小さい小さい会社でしたので、
や〜めた!で終わった感じです(笑)

そこから3〜4か月くらい悩んで悩んで
悩んで、、ということをしていたのです。

それから現在の会社を第2期の創業と
決めてスタートしたのが2009年です。

その際に、当時は33歳だったのですが
ネットマーケティングの可能性は解るけど
誰かに、まず教えてもらわねぇと話にならんな
と感じていたのです。

そんな時に、たまたま25〜26歳の方と
出会って、今の当社の原点になるような
マーケティングを学んだのです。

この、お師匠様は、実は、もう亡くなって
しまったんです。

(この人を超える人は未だ出会ったことないです)

私と同じ時期に一緒に学んだ連中の中には
業界は違えど、有名になった人もいらっしゃいます。

全く付き合いはないですが、、、

あれから、もう7〜8年が経過するのかぁ〜と
今日何気に思い出しておりました。

私も、すでに45歳という年齢になって
昨年あたりから、12年前と同じく時代の
変わり目というのは感じているのです。

さて、では何から手をつけたらいいのかな
っと考えて試行錯誤して行っている時に

これがまた、デジャブを見るように
25〜26歳の子と、たまたま出会いが
あったわけです。

最近ちょこちょこと話を聞くのですが、時代が
変わるのは間違いないなと確信しております。

さすがに、お師匠様を超えるほどの衝撃は
ないですが、それでも若者の感性というのは
素晴らしいなぁっと感じている今日この頃です。

両手でスマホを触る姿は見ていて本当に
笑えてくるのです。

私は人差し指でポチポチです。

「河北さん!スマホ使いこなしましょう!!」

「スマホ使えないと話になんないっすよ!!」

なんていわれる始末で、スマホの使い方を
教えてもらってます(笑)

若者には解らんでしょうが老眼入ってきて、、
見えないんですよね、、、

さて、若者の感性と、お師匠様から学び
自分なりに進化させたマーケティングを
用いた方法が新しい時代にマッチするのか?

やっと準備が整い、これからスタートします。

非常に楽しみではあるのですが、こんな感じで
私は、いつも若者から学ぶということをしており

テストテストを繰り返しております。

ここで結果が出ればOKですし、結果でなければ
出るまで考えるということです。

しかし今思い出しても感じるのですが、お師匠様が
当時の私にスタートダッシュに協力してくれた時、
結果を見た時に、あれはマジで衝撃でしたよ。

そんなことが再度起きるのか?それとも起きずに
終わってしまうのか?

先のことは解らんですが、こうやってドンドン
進化させていくことで最新集客というのを
発掘しております。

私がテストしていること、結果がでれば
また公開しますので楽しみにしておいて
下さいませ。

少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

とりあえず手っ取り早く集客したいと思う方は、
コチラから年商1億円を最短最速で達成する方法を
無料で公開しておりますので登録しておいてください。

年商1億円を最短最速で達成する方法を
無料で公開しておりますので登録しておいてください。

私が行っている最新手法もメルマガでは公開して
おります。
   ↓


メールアドレス登録が面倒な場合は
LINEでも送っておりますので
よければ登録しておいてください
    ↓

それでは、また更新します。

最新の集客は、どうやって発掘するのか?

コロナでリフォーム集客はどうかわるのか?

おはようございます。

河北です。

愛知県は緊急事態宣言があけたのですが
なんか落ち着いてきたのか落ち着いて
きてないのか?

本当によくわからない感じです。

とはいえ生活関連の当社のような会社は
言うほど影響は受けてはないとは思います。

しかし、お客様が少しづつ変わってきたのは
感じております。

どう変わったのかといいますとコロナが起き
今までネットでの注文が面倒くさい、

どうしても不安だというお客様の層の
背中を押すことになりオンラインでの
見積もりが急激に増えております。

そうなるとネット広告へ掲載していない
会社というのは少し不利ですし、

この対応に追われる会社が増えたのでは
ないかと思います。

今までは電話対応で、対応していたのが
急にメールやラインやチャットなどでの
対応をしないといけなくなったからです。

結構ネットへ移行してきている業者も
多いので、そこに仕事が流れていくような
感じに今後もなるのではないかと予測できます。

そして近所だから依頼したというお客様が
今後急激に減るんじゃないのかなと予測できます。

その理由としては近所へ依頼する層というのは
ネットで探したり完結するのが苦手な層だったり
面倒だったりと感じる層です。

しかし、その層がネットで検索すると、

「あれ?もっといい業者いるじゃん?」

「いちいち来なくても金額出ると言っているし」

などと気が付いちゃうというと言い方悪いですが
だったら便利な方に依頼しようかなとなるのでは
ないかと考えられます。

そう考えると店舗展開していくということが
時代遅れのビジネスモデルになる可能性も
高いというのが私が少し懸念するとこです。

もちろん今すぐ劇的に変わるということは
ないですが、今後、そういった流れになるのでは
と感じることはあります。

特に単品ビジネスをやっている当社などは
その傾向が強く出るのではないかと思います。

これが、どうしても会わないと商売にならない
というビジネスであれば、そんなことはないでしょうが

自粛がおきネット人口というのは相当増えたという
ニュースが出るくらいですから今後、相見積は
格段に増えてくるだろうと感じます。

そして自粛のおかげで私も感じることがあるのですが
今までの無駄な動きというものが必要なかったなと
思うことです。

今までは時間があれば人と会ったり商談したり
コミュニケーションを取るために前に進まない
商談でも付き合っておりましたが、

それがお互いに自粛ということでなくなった
わけなんですよね、

しかし業務に何も支障が出ることはなく、
むしろ効率化ができてしまったという事実を
突き付けられた会社は、さてどうするのかな?

ということです。

今までは無駄な動きが仕事であったわけですが
今後はより一層成果主義になっていくものだと
私は思います。

それはお客様から業者を見たのも同じであり
面倒なことはなく会うこともなくサクサクと
リフォーム工事が終わっていくのであれば
そちらの方が良い。

と判断されていくのではないかと予想できます。

そうなると、では今後はどうなっていくのか?

会わなくてもコミュニケーションが取れたり
会わなくても事前に人柄がわかったり
会わなくても親近感が沸くような存在になったり

という会社にしていかないといけないのでは
ないかと思います。

では具体的な施策はどうすればいいのか?

それは、もうSNSや動画を活用していく
時代が、来たと私は感じます。

少し長くなってしまいましたので、続きは
次回書かせて頂きます。

時代が変わったのは解ったけど、とりあえず
手っ取り早く集客したいと思う方は、

コチラから年商1億円を最短最速で達成する方法を
無料で公開しておりますので登録しておいてください。
   ↓



メールアドレス登録が面倒な場合は
LINEでも送っておりますので
よければ登録しておいてください
    ↓

それでは、また更新します。

コロナでリフォーム集客はどうかわるのか?

リフォーム会社の集客代行についてね

おはようございます。

河北です。

早いもので2月も、ふと
気が付けば後半ですね。

誰と話をしていても
時代の変わり目だよねぇ〜
と、おっしゃいます。

今日は集客代行について
書いてみます。

集客の代行を当社としては
業務として行ってはいる立場として
解るのは、集客は難しくないです。

しかし、その後、契約にならない
ということが問題なんだと私は思います。

リフォームは、特殊なんだろうなと
思います。

これが物販のビジネスなど、私の友人も
物販をやっている方がいるのですが

ネットで完結してしまいますので効果は
凄くわかりやすいです。

しかしリフォームとなると完結するのが
問い合わせではなく、受注となるので
そこが難しいとこですね。

だから集客代行に依頼しても上手く
いかないということが多いのです。

実は当社でも、まだ集客代行業務をやって
おりますが、最初に集客の後のことを
打ち合わせをして、ご納得の場合は
請負わせて頂いております。

といっても、新規で募集をしている
わけではないので7〜8年くらい継続して
頂いている方のみです。

集客代行を依頼する際に気を付けないと
いけないのは、リフォームは問い合わせを
もらうのは凄く簡単なのです。

だから比較サイトを運営する業者も
沢山いるわけです。

業者は登録無料の場合が多いので
登録されている数が多いですよね。

実際に見積もり案件をもらうと1件課金され
その後、成約になれば、さらに成約金額の何%
という感じで費用が発生すると聞きます。

その仕組みでいきますと、成約率が悪い
という問題点があると私は思います。

その理由として考えられるのは、価格と
業者対応です。

価格についてはプラットフォーム側に
当然フィーが発生するので、その分を
業者側は上乗せしないといけないわけです。

どのくらいのフィーが発生するのか
知らないですが仮に10%だとすれば
それを負担するのは、お客様です。

そうなると末端価格が上がるのでは?

っと思います。だから成約にならないんじゃ?
と感じるわけです。

もう1つは対応です。

100%相見積になりますし、3〜4社も
相見積になることによって業者側の気持ちです。

例えば、見積もり当日にプラットフォームからの
見積もり依頼と近所の自社のお客様からの見積もり
依頼がきたら、私ならプラットフォームの方に
行かないです。

どうせ自分が行かなくても他社が沢山きますしね。

当たり前ですが自社のお客様を優先するという
気持が業者側に少なからずあるのではないかと
予想しているのです。

実際のとこは、どうかは解りません。

ただ少なからず、そのようなことがあるのでは
ないのかなと感じるわけです。

実は私、車を売却する際に比較サイトを使用した
ことがあります。

その時は、10社近くの業者が来て売却価格に
10〜30万も差があったのを覚えてます。

お客さんの立場としても嫌だなと思ったのを
覚えております。

ですからリフォームの集客は、凄く簡単だという
ことを覚えておいてほしいのです。

問題は、その先です。

どのような、お客様から問い合わせがほしいのか?

問い合わせ後は、どのような流れにしていくのか?

それをしっかりと打ち合わせしてから集客代行を
依頼したほうが良いと思います。

実際に比較サイトに登録して成約した際にフィーを
払うほうが、成約した時だけなので得だと感じる
かもしれないですが、成約率を考えていくので
あれば、私は、集客代行業者に固定で払う方が
得だと思います。

もしくは自分で行うのが一番良いですが、自分で
行うと、その他の業務に支障がでる場合もあるので
効率的に考えていくのであれば代行に依頼するのが
良いです。

リフォームとは違いますが、さきほどの友人の物販
会社は、その点、凄い仕組みになってます。

集客は、代行業者に任せっぱなしであり
事務所で売れるのを口空いて待っているだけと
笑って話をしておりました。

さらに凄いのは売れた後の発送から
顧客フォローから返品対応も全て
外注化しているということ。

新商品開発と企画のみを行うだけで、あとは
何も、やらないと言っておりました。

実際に私は、見せて頂いたことあるのですが
う〜ん、外注化の仕組みが凄いと思いました。

今の時代に合ったやり方だと思いました。

コロナが起きる前から、このようなやり方を
していたということで、基本は事務所に行っても
在庫もないし、狭いし、数人しかいないし
はたから見たら何をやっている会社か
全くわかりません。

ただリフォーム業に、この仕組みをマネすれば
これ、凄いことになるんじゃないか?
っと私は感じました。

どんな仕組みなのかなどは、メルマガにて
詳しく公開しております。

それ以外にも旬な集客方法や私が行っている
ことで、ちょっとブログでは書きずらいような
ことをメルマガでは公開しております。

もし、よければ登録しておいてください。

 ↓


メールアドレス登録が面倒な場合は
LINEでも送っておりますので
よければ登録しておいてください
    ↓

それでは、また更新します。

リフォーム会社の集客代行についてね

サブコンテンツ

このページの先頭へ